DSC05474
先日登場したAmazonブランドのタブレットシリーズの最廉価にしてエントリーモデルの「Fire」ですが、プライム会員の私もしっかり購入しています。
定価8980円、プライム会員であれば4000円引きの4980円で購入できるという破格の製品です。

OSはAndroidをベースとした「Fire OS」を搭載し、UIに若干の変更が加えられています。
基本的にはAndroidタブレットそのものですが、Amazonサービスへの入り口が多く、Google系アプリが皆無という点が特徴です。

Kindleオーナーライブラリーが利用できるといったFire独自の魅力もあるのですが、Androidに慣れ親しんでいる私としてはやっぱりGoogleのサービスが使えない点が気になってきます。
4980円で購入できるタブレットとなるとかなり厳しいものがありそうですが、1万円以下なら何かあるんじゃないかと探してみました。

2015-10-11_21h34_57
ということで見つけたのがこちらのMeMO Pad 7 ME1717Cです。
Fireと同様に1024x600ドットの7インチディスプレイを搭載したASUS製タブレットの中でも最も安価なクラスのタブレットとなります。

CPUはIntel Atom Z2520 1.2GHzのデュアルコア(4スレッド)です。
どこまで快適に動作するかはわかりませんが、こういったローエンドモデルを工夫して便利にしていくのって、Android黎明期に似た感じで結構楽しいんですよね。

失敗しないタブレット選びなら予算は2万円程度用意するべきでしょうけど、こういった製品で遊ぶのもたまには悪くないんじゃないでしょうか。

MeMO Pad 7 ME171C:ASUS Shop

Fire タブレット 8GB、ブラック
Amazon (2015-09-30)
売り上げランキング: 1