E200HA_DBLUE_02
11.6インチの携帯性を重視したモバイルノートPC「VivoBook E200HA」が発表されました。
この製品は、2015年に発売されスマッシュヒットを記録したEeeBook X205TAの後継モデルに位置付けられます。

EeeBook X205TAとVivoBook E200HAのスペックを比較

名称 EeeBook X205TA VivoBook E200HA
OS Windows 10 Home Windows 10 Home
CPU Intel Atom Z3735F 1.33GHzクアッドコア Intel Atom x5-Z8300 1.44GHzクアッドコア
ストレージ eMMC:32GB eMMC:32GB
RAM 2GB 2GB
ディスプレイ 11.6インチ、解像度:1366x768 11.6インチ、解像度:1366x768
インカメラ 30万画素 30万画素
バッテリー容量 公称12.8時間駆動 公称12時間駆動
サイズ 286x193.3x17.5mm 286x193.3x17.5mm
重量 980g 980g
カラー ダークブルー、ホワイト、レッド ダークブルー、ホワイト、ゴールド

まずはスペックの比較です。本体サイズや重さは全く同じです。すでにX205TAを所有している方は買い換えても違和感無く使えることでしょう。

RAM容量やストレージにも差はありません。
また、HDDではなくeMMCを搭載している点にも注目です。駆動部が無く、ファンレスに仕上げることで980gの軽さを実現しています。駆動部が無いということは持ち運ぶ際に壊れるリスクも減少しますね。

E200HA_Family
カラーバリエーションはダークブルー、ホワイト、ゴールドの3色です。X205TAにあった鮮やかで特徴的なレッドが無くなったのが寂しいですね。

搭載CPUがグレードアップ

一番の注目点は搭載しているCPUでしょう。X205TAはAtom Z3735F。E200HAはAtom x5-Z8300を採用しています。

  • EeeBook X205TA(Atom Z3735F):1.33GHz(バースト時1.83GHz)
  • VivoBook E200HA(Atom x5-Z8300):1.44GHz(バースト時1.84GHz)

2016-02-17_18h51_30
PassMarkにて両者のCPUを比較したところ、性能差は約1.33倍でした。
これだけスコアが離れていれば、実際に使う際の動作速度の差を実感できるのではないでしょうか。

インターフェースもグレードアップ

X205TAではUSB 2.0ポートが2基用意されていたのが、E200HAでは片方がUSB 3.0にグレードアップしています。少ないストレージ容量を補うためにUSBフラッシュメモリなどを使う可能性を考慮すれば、これは嬉しい仕様変更です。

値下げを待たずに買います

定価で3万4800円という価格設定は予想以上に安く感じました。X205TAを買って1週間も経っていませんが、来月こちらに乗り換えることになりそうです。こんなにも早く日本投入されるとは思ってませんでした。

発売日は3月中旬以降を予定しています。楽しみですね。

EeeBook X205TAの性能をアップさせる方法

EeeBook X205TAの処理能力を向上!高パフォーマンスプランを復活させる方法

X205TAは電池持ちを考慮して、CPUの動作速度などを設定する項目が隠されています。それを少しの操作で復活できるテクニックを上記リンクで紹介しています。
X205TAユーザーでE200HAの購入を検討している方は一度こちらを試してみてください。

VivoBook E200HA ダークブルー:ASUS Shop

VivoBook E200HA ホワイト:ASUS Shop

VivoBook E200HA ゴールド:ASUS Shop