DSC09691
2万円を切る価格でスマホデビューにぴったりなZenFone Goですが、最初は四苦八苦しながら使い方を覚えたことでしょう。

文字入力やネット閲覧などがある程度利用できるようになったら、今度は他の機能やアプリも使ってみましょう。ここではカーナビ機能を紹介します。

無料で使えるGoogleマップ

カーナビといえば少し前までは数万円出して買うものでしたが、今ではスマートフォンがその役割を賄ってくれます。今回利用するのは最初からインストールされているGoogleマップのナビ機能です。機能の豊富さを比べるとやはり本家のカーナビには劣りますが、目的地に向かうには十分な性能を有しています。

ナビ機能の使い方

Screenshot_2016-04-30-20-20-43-horz
まずはGoogleマップを起動します。上に表示されている検索窓に目的地名を入力しましょう。目的地が見つかったら車アイコンをタップしてナビ機能を起動するだけです。

この車アイコンですが、他に電車と徒歩も選択できます。ドライブでのお出かけ以外でもルート検索に使えるので覚えておくと良いでしょう。

経路オプションでより詳細な検索ができる

Screenshot_2016-04-30-20-21-09-horz0
ナビを起動する一歩手前でメニューを開くと、ルートの条件を絞り込めます。高速道路や有料道路を使うかどうか決められるので便利です。

Screenshot_2016-04-30-20-22-57
Googleマップとナビは横向きでも使用できます。こっちの方がカーナビっぽいですね。無料で利用できる機能ですが、しっかり車線の指示まで出してくれます。

車載ホルダーに固定しよう

DSC09700
スマートフォンを操作しながらの運転は非常に危ないので、ナビ機能を快適に使うためにも車載ホルダーを用意しましょう。

DSC09704
私が愛用しているSpigenの「ステルス」はクリップのようにスマートフォンを挟み込むタイプです。側面にボタンの無いZenFone Goは相性抜群。

関連記事:Spigenの車載ホルダー「ステルス」がZenFoneと相性抜群でした

ZenFone Goは5.5インチとスマートフォンとしては大画面ですから、カーナビとしても快適に利用できるでしょう。