2016-07-07_21h03_17
7インチ、8インチ、10.1インチのZenPadシリーズ総勢5機種が一斉に発表されました。Wi-FiモデルやLTEに対応したSIMフリーなど、それぞれ特徴があり、最も安いモデルは1万7800円という手軽さも魅力です。

1万7800円で買える「ZenPad C 7.0 Z170C」

ZenPad_Z170C _Black
ZenPad C 7.0 Z170C:ASUS Shop
今回発表されたZenPadシリーズの中で最安価の製品です。1024x600ドットの7インチディスプレイを採用したコンパクトなタブレットで、CPUはAtom x3-C3200、RAMは1GBとエントリークラスのスペックとなっています。

手軽に持ち歩ける265g

コンパクトでかつ軽量な筐体は持ち歩くことを想定すると魅力的です。性能はあまり良くないので使い方を選ぶかもしれませんね。

MediaTek製CPUを搭載した「ZenPad 8.0 Z380M」

Z380M_KV_product
ZenPad 8.0 Z380M:ASUS Shop
MediaTek製のMT8163(1.3GHzクアッドコア)を搭載した8インチのタブレットです。ディスプレイ解像度は1280x800、RAMは2GBとミドルレンジクラスのスペックを有しています。

5GHzのWi-Fiに対応

Z380Mは高速に通信できる5GHz帯のWi-Fiが利用できます。動画ストリーミング配信サービスを利用するなら最適な選択肢のひとつと言えそうです。

音声通話に対応したSIMフリーモデル「ZenPad 8.0 Z380KNL」

Z380KNL_KV_product
ZenPad 8.0 Z380KNL:ASUS Shop
基本的なスペックはZ380Mと同様ですが、こちらはSnapdragon 410を搭載し、LTEでのデータ通信と3Gを用いた音声通話に対応しています。

動画視聴に最適な「ZenPad 10 Z300M」

Z300M_KV_product
ZenPad 10 Z300M:ASUS Shop
Z380Mと近いスペックのタブレットですが、画面サイズが10.1インチと大きいのが特徴です。

Z380Mと同様に5GHzのWi-Fiに対応していますが、こちらは10.1インチと大画面のディスプレイです。家でじっくり動画を観るならこちらの方が最適でしょう。

SIMフリーの10インチタブレット「ZenPad 10 Z300CNL」

Z300CNL_KV_product
ZenPad 10 Z300CNL:ASUS Shop
こちらのSIMフリーモデルはSnapdragonではなくAtom Z3560を採用しています。これはZenFone 2の下位モデルと同じもので、ミドルレンジに相当するスペックと言えます。

スペック以上の映像体験を提供

2016-07-07_21h27_23
ロー~ミドルレンジクラスの製品ばかりですが、搭載されるASUSの独自技術「VisualMaster」や、DTS Headphone:Xによる7.1chバーチャルサラウンドなどで映像・音声のクオリティを向上できることを謳っています。

動画配信サービスではまだまだHDクラスでの配信が画質の上限である場合が多いので、こういった技術を用いてクオリティを底上げするというのは面白い試みだと思いました。4Kコンテンツが一般化するまでまだ数年はかかるでしょうし、それまではこういったミドルレンジモデルでの動画視聴でも問題ないのではないでしょうか。