DSC00673
もはや販売終了が近づき、買える場所すら減ってきている感のあるZenFone 2 Laser ZE601KLですが、先日誕生日プレゼントとして友人から頂いたので紹介します。

現行ミドルレンジクラス並みのパフォーマンス

Screenshot_2016-07-31-01-18-58
6インチのフルHDディスプレイにSnapdragon 616、RAMは3GB、ストレージは32GBといった構成です。Snapdragon 616は615のクロックアップ版なのでCPU-Zではこういった表記になってます。クロック数に注目。

Screenshot_2016-07-31-01-27-56
Antutuベンチマークを走らせてみた結果がこちら。3万点中盤のスコアで、2016年のミドルレンジクラス程度になるんじゃないでしょうか。フルHDディスプレイのせいか、時おり動作に引っかかりを感じることがありますが、概ね良好です。実用には問題ありません。

Screenshot_2016-08-01-12-23-08
使ってると結構熱くなっているようです。端末上部が熱を持つのですが、保持している部分から遠いため気付きませんでした。

カーナビ用端末に最適

DSC_0620
Spigenの車載ホルダー「ステルス」に装着できる最大サイズが6インチとなっています。6インチLaserは現時点でベストなZenFoneと言えるでしょう。

関連記事:Spigenの車載ホルダー「ステルス」がZenFoneと相性抜群でした

「GPS Status & Toolbox」アプリでGPSの測位状況を確認したところ、誤差5mまで迫っていました。今日1日カーナビタイムを起動して使ってみた印象としては、誤差や遅延も無く良好でした。

電池持ちに不安

DSC00674
6インチと大画面でありながら、バッテリー容量は3000mAhと心許ない数値です。メイン機としてガッツリ運用していると夕方前くらいに充電したくなりそうです。

現在メインで使用しているXperia X Performanceが抜群に電池持ちが悪いため、相対的に良く感じてしまい、感覚が狂ってる気がします。

Y!mobileとの組み合わせが快適

Screenshot_2016-08-01-17-25-16
ZenFoneシリーズすべてに言えることなのですが、Y!mobileのSIMを挿すと自動でAPNを設定してくれるので手間が省けます。Y!mobile自体の品質も悪くなく、時には100Mbps近い速度も叩きだしてくれます。

よほどの地方でないかぎり、Y!mobile(SoftBank)のカバーエリアの狭さを感じることは無いんじゃないでしょうか。三重県北部ではau、ドコモと同様に快適に使えています。

ZenFoneに限った話ではないですが、Y!mobileはSIMフリースマホとの組み合わせも推奨していたりするので、メイン機とまではいかなくても、サブ機運用にちょうど良いと思います。オンラインストアでのアウトレット品狙いでランニングコストを下げられるタイミングに契約するとお得です。

Y!mobileオンラインストア