2016-11-08_21h08_17
Googleが車載機器向けに開発した「Android Auto」のアプリが日本でもリリースされたので早速使ってみました。Androidアプリとしてスマートフォンにインストールすることで、車にAndroid Auto対応カーナビが装備されていなくとも、どんな車でも利用できるようになります。

運転時に操作しやすい独自のUI

Screenshot_20161108-205707
Android Autoを立ち上げるとこのような表示に変わります。これがホーム画面のような役割を持っていて、右のアイコンをタップすることで各種機能を利用できます。上からGoogle Play Music、電話、地図、ホームボタンという構成。

真ん中にはGoogle Nowのようにカードとして情報が表示されます。ここでは現在地の天気が出ていますが、他にも自宅や最近検索した施設までの所要時間などもここに出たりします。

車の中で操作しやすいよう、アイコンや文字は大きく表示されます。目的地検索はマイクアイコンをタップして音声検索。結果はテキストでは出ず、音声ガイドと地図の表示です。

必要最小限に絞ったナビ機能

DSC_1168
Googleマップのナビ機能は高機能とは言えず、表示も非常にシンプルです。道と目的地までのルート、どこで曲がるかといった最小限の情報となっています。

音声ガイドも右か左かといった最小限で、交差点の名前などは一切ありません。洗練されていると言えば聞こえは良いですが、初めて走る道でこれだけの情報だと少々不安です。

最短ルートを選ぶ傾向

Googleマップナビはとにかく最短で到着するルートを選ぶ傾向にあるような気がします。例えば信号1つ回避するためだけに脇道に逸れたり、通りにくい細道に案内するなど、横着者な印象です。

無料で手軽に使える

このサービスの最大のメリットは、Androidユーザーであれば無料で利用できる点でしょう。Android Autoをインストールせずとも、プリインストールされているGoogleマップでナビ機能は利用できますし、手軽さで言えばカーナビアプリの中ではトップクラスです。

無料で高機能なものといえばYahoo!カーナビがありますし、有料ならカーナビタイムも快適です。スマートフォンをカーナビとして運用するのであればこういったアプリを使ってみることをおすすめします。

関連記事:【ZenFone Goを活用しよう】ZenFone Goをカーナビとして活用する方法

車載ホルダーで簡易カーナビの完成

DSC06502
スマートフォンをカーナビとして運用するのであれば、車載ホルダーは必須と言えます。横向きで固定できるものであればより快適に使えると思います。

DSC06495
私はSpigenのステルスを愛用しています。普段使わないときはあまり場所を取らないのも魅力のひとつ。

レビューはこちら:Spigenの車載ホルダー「ステルス」がZenFoneと相性抜群でした

ちなみにステルスは3000円以上するちょっと良い製品なのですが、今では類似品が半額以下で買えたりします。