DSC02550
Googleがフィルムカメラで撮影した写真を手軽にデジタル化できる「Googleフォトスキャン」アプリをリリースしました。チェキで撮った写真ではありますが、これをデジタル化してスマートフォンに取り込んでみました。

Googleフォトスキャンをインストール

2016-11-16_23h48_41
フォトスキャン:Google Play

アプリはPlayストアには無料で配信中です。

簡単操作で写真をデジタル化できる

Screenshot_20161116-233834
行う動作は非常にシンプルで、カメラで写真を撮影するだけです。複数回の撮影で画質や精度を向上させている様子。

Screenshot_20161116-233841
全体を撮影後、丸に合わせるように4回撮影を行います。

自動で台形補正

Screenshot_20161116-234032
作業が完了すると自動的に台形補正がかけられ、写真のデジタル化が完了します。

Screenshot_20161116-234117-horz
台形補正やトリミングが上手くいかなかった際には手動で調整も可能です。こちらもそれほど難しい作業ではありません。

スマホのカメラ性能に左右されやすいかも

1479307156793-a77a6a33-00bc-4a8f-98d9-6d847b6eadaf
出来上がった画像がこちら。自動でかなりきれいに切り取ってくれました。一方で色味が随分と黄色っぽくなっています。これはZenFone 3のLEDフラッシュが2色構成で、一般的な端末よりも暖色系に寄っているからだと思われます。

LEDフラッシュはオン・オフ切り替えてスキャンも可能です。自分好みのスキャン方法を探すと良いかもしれませんね。

Screenshot_20161116-234155
撮影するカメラが高性能であるほど完成時のクオリティが向上するでしょう。保存先のGoogleフォトではレタッチも可能で、好みに合わせて微調整しましょう。

Googleフォトスキャンはチェキと相性良いかも

高画質、高精度のデジタル化を行うなら専用のスキャナーを使用した方が確実です。Googleフォトスキャンは圧倒的な手軽さが武器と言えます。撮影後すぐに現像されるチェキと組み合わせればすぐさまデジタル化までを行え、相性の良さを感じます。

複数人で写真のシェアが可能

チェキは基本的に1回の撮影で1枚の写真が出ます。複数人をフレームに収めて撮影した場合、全員に写真をシェアしたい場合なんかには最適だと思いました。チェキで撮影→Googleフォトスキャンでデジタル化→LINEなどで共有というステップを踏めばかなり簡単にシェアが可能です。

デジカメには無い独特の風合いは味があります。写真のこういった楽しみ方はいかがでしょうか。

今回使用した製品

今回使用した製品は、ZenFone 3 ZE520KLとinstax mini 90 ネオクラシックでした。