2024_image_v4XnzKPK-horz
ASUS JAPANが新たに発表した2機種のZenBook「UX310UQ」と「UX330UA」ですが、それぞれ特徴の異なる製品となっています。スペック表からその違いを見ていきましょう。

ZenBookシリーズ「UX310UQ」と「UX330UA」の主なスペック

2016-12-07_18h18_07
それぞれのスペックを表にまとめてみました。赤文字は比較対象よりも優れている部分となります。

グラフィック性能で勝るUX310UQ

基本性能はどちらも同等です。大きな差と言えばグラフィックボードを搭載している部分でしょう。CPU内蔵のUX330UAに比べて映像処理の性能面で勝るので、クリエイティブな作業や一部のゲームをプレイする方にはこちらがおすすめと言えそうです。

長時間駆動とOffice搭載が魅力なUX330UA

UX330UAは非常にベーシックな1台です。突出した部分が無いものの、最近では選択肢の減ってきた薄型高性能なモバイルノートPCです。

グラフィックボードを搭載せず、CPU内蔵で賄うことで電力消費は抑えられています。また「Microsoft Office Home & Business Premiumプラス Office 365 サービス」をプリインストールしている点も魅力です。仕事用や学生向けの1台と言えます。

どちらも同じボディを採用

2024_other_udTG7ArF
サイズは全く一緒で搭載するインターフェースも同等。となればおそらく同じボディを採用しているのでしょう。グラフィックボードを追加搭載している分、UX310UQの方が200g重くなっていますね。

用途に合わせて選べる1台

DSC01471
クリエイティブな作業を想定するならUX310UQ、そうでないならUX330UAと2機種を選べます。また、フラグシップモデルとしてZenBook 3もあります。価格はこれらよりも上がりますが、薄くて軽くて高性能です。

あわせて読みたい:薄くて軽くて高性能!ZenBook 3実機レビュー

ZenBook UX310UQ-7200:ASUS Shop

ZenBook UX330UA-7200S:ASUS Shop