DSC03096
2.5Dガラスを採用したスマートフォンが増える中、前面の端までカバーできるガラスフィルム探しに困る今日このごろですが、最近はWANLOK製がお気に入りでいろいろと買って試しています。

3万円前後で購入できる手頃さと、バランスの良いスペックで人気なZenFone 3 Laser用のガラスフィルムが発売したので早速購入しました。

付属品と外観

DSC03098
WANLOKのガラスフィルムはいつもこういったパッケージで届きます。クリーニングクロスなどが一通り入っているので別途用意する必要はありません。ダストブロワーを1つ準備しておくとよりスムーズに貼り付けられます。

実物と若干色味が異なる

DSC03102
WANLOKのガラスフィルムはディスプレイ部分だけが透明で、ベゼル部分は色が付いています。ZenFone 3 Laserのベゼル部分の白とは若干色味が異なりました。実際には貼り付けると全面を覆ってしまうのでそこまで気になりませんが、留意点と言えそうです。

端まで綺麗にカバーする

DSC03114
貼ってみました。サイズは概ねピッタリで、カメラやセンサーの位置も合っています。

DSC03113
ZenFone 3 Laserのナビゲーションキーにバックライトは搭載されていませんが、ガラスフィルム側はアイコンに合わせた透明部分があります。

DSC03109
2.5Dの曲面部分をアップにしてみました。ガラスフィルムの表面はほぼフラットになりますが、きちんと端まで張り付いています。

ガラスフィルムの厚みはケースでカバー

DSC03119
公称で0.3mmの厚みがあるため、裸運用ではガラスフィルムとフレームの間の段差が気になるかもしれませ。以前購入していたTPUケースと組み合わせるとガラスフィルム表面でツライチになり快適です。こちらのケースも合わせておすすめします。

あわせて読みたい:カメラの出っ張りもカバーできるZenFone 3 Laser用TPUケースをレビュー

ナビゲーションキー、タッチパネルともに感度良好

ZenFone 3用のWANLOK製ガラスフィルムでは一部製品でナビゲーションキーの感度が低下する事象を確認しています。ZenFone 3 Laser用では全体的に感度良好で、ストレス無く使用できそうです。

ディスプレイ周辺の黒縁が気になるかも

DSC03120
概ね良好な使用感ですがディスプレイ周辺の黒いフチが気になるかもしれません。左右はほぼガラスフィルムの白いベゼル部分でカバーされますが、上下だけはしっかり残ります。この不均一な感じが気になる人にはすごく気になる部分だと思いました。

現時点では一番使い勝手の良いおすすめガラスフィルム

エッジ部分の処理も綺麗ですし、総合的な満足度はかなり高めです。ZenFone 3 Laserを購入するならぜひセットでこちらもおすすめします。記事執筆時点でAmazonでの価格は2000円でした。