2017-01-05_04h50_42
ASUSはCES 2017にて新製品「ZenFone AR」を発表しました。Google Tango対応スマートフォンとしては世界で2台目となります。

ZenFone AR ZS571KLの主なスペック

  • OS:Android 7.0
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 821 2.3GHz
  • ディスプレイ:5.7インチ(2560 x 1440)、有機EL
  • RAM:6GB / 8GB
  • ストレージ:32GB / 64GB / 128GB / 256GB UFS 2.0 + microSDXC 2TB
  • リアカメラ:2300万画素、F2.0、IMX318、光学手ブレ補正、TriTech AF
  • インカメラ:800万画素、F2.0
  • バッテリー容量:3300mAh、QC3.0
  • サイズ:158.67 x 77.7 x 8.95mm
  • 重さ:170g
  • カラー:ブラック

基本的なスペックは以上の通りです。ZenFone 3 Deluxe ZS570KLに匹敵する高性能モデルの位置付けとなっています。

C1Lrao3XcAE98H4

CrNI5euciRYy4O5V_setting_fff_1_90_end_500

xToTA5l333M6FMEg_setting_fff_1_90_end_500

C1WTrPBUAAAwf-t

世界初のRAM 8GBスマートフォン

2017-01-05_05h16_19
RAM搭載量は8GB。世界初の8GB搭載スマートフォンとなります。

TriCam System for Tango

2017-01-05_04h51_20
「TriCam System」と名付けられた新しいカメラシステムを搭載しています。2300万画素のカメラの他にモーショントラッキング用の魚眼カメラと深度測定が行えるカメラを備えています。

2017-01-05_05h56_58
よく見てみるとレザーのような質感をしています。

Google Tangoに対応

2017-01-05_05h09_48
ZenFone ARに搭載されているカメラやセンサーを利用して深度情報を記録します。例えば部屋の中で利用すればその部屋の3Dデータをその場で撮影し作成することができます。

2017-01-05_05h12_18
発表会ではデモンストレーションとしてアパレルメーカー「GAP」のショッピングアプリとHot Wheelsのアプリが紹介されました。GAPアプリは現実世界のマネキンが投影され、服のサイズやデザインを確認できました。Hot Wheelsは机の上のレールを配置し、ミニカーを動かせる様子を紹介していました。

Google Daydreamに対応

DaydreamはGoogleの推し進めるVRプラットフォームです。現在は各社が独自にVR規格を用意していますが、Googleが主導することで今後はDaydreamが主流規格となるかもしれません。

Google Daydreamでは非常に低遅延で高品質なVR体験を実現するとされています。そのためハイエンドモデルに実装されることが予想され、ASUSは以前から対応端末の開発に取り組んでいることを明かしていました。

ZenFone ARは2017年第2四半期に発売

ZenFone ARはグローバルにて第2四半期の発売となります。

日本での発売は未定

現時点では日本国内での発売は未定です。主要モデルはほぼ国内投入されているため期待しても良さそうですね。

ZenFone ARの価格は未発表

発表会のプレゼンテーションでは価格の発表は行われませんでした。

あわせて読みたい:CES 2017、F1.7の広角レンズと光学2.3倍ズームに対応した「ZenFone 3 Zoom」は2月発売

ZenFone AR (ZS571KL) | Phone | ASUS Global