2017-01-19_18h17_16
mineoは2月1日より端末ラインナップを拡充し、ZenFone 3とZenFone 3 Laserを新たに取り扱うことを発表しました。mineoが取り扱うドコモ・au回線どちらにも対応するマルチキャリアスマートフォンです。

ZenFone 3は3万9600円で販売

DSC01805
ZenFone 3は3万9600円で販売され、mineoの取り扱うスマートフォンとしてはプレミアムモデルの位置付けとなります。24回の分割払いにすると月々1650円です。

ZenFone 3 Laserは2万7600円で販売

DSC02746
ZenFone 3 Laserは2万7600円で販売され、メインストリームを担います。24階の分割払いでは月々1150円です。

2017-01-19_18h29_18
すでに取り扱っている端末を含めるとマルチキャリア対応端末として5機種がラインナップされます。以前よりもかなり自由度が増した印象です。エントリーからプレミアムモデルまでZenFoneシリーズがカバーしている点にも注目。

今春には新製品を投入

今春にはさらに新製品も投入すると予告されました。5インチでハイスペック、4万円前後の価格で発売されるようです。

この新製品はまだ世に出ていない未発表端末のようで、2月開催のMWCでお披露目になるとされています。マルチキャリア対応となればSnapdragon搭載でしょうか。4万円前後ですからSnapdragon 617や625あたりが選択肢として挙がってきそうな気がします。

DSC02760
ZenFone 3シリーズは2万円台からau VoLTEをサポートし、マルチキャリア端末として取り扱いMVNOを増やしています。これからはさらにau回線対応の端末が増えそうですね。

mineo