Screenshot_20170406-183328
Twitter公式が軽量版の「Twitter Lite」を公開しました。スマートフォン向けのサービスで、主に通信速度が低かったり使えるデータ量に限りのある方向けです。

低速プランとの組み合わせが最適

もともとそういった用途で作られているTwitter Liteなので、通信制限にかかった後やMVNOの低速プランとの相性が良さそうです。

Twitter Liteの使い方

http://mobile.twitter.com/home

利用方法は非常に簡単で、上記のリンクにスマートフォンからアクセスするだけです。あとはいつも通りログインを行えば使えるようになります。

Screenshot_20170406-182104-horz
表示はこんな感じです。公式のTwitterアプリにかなり近い印象。スワイプでリロードが行えるなど、操作性も再現されています。

Screenshot_20170406-182058
プッシュ通知の設定など、なかなか細かく設定できそうです。

画像を添付する方法

Screenshot_20170406-182315-horz
ブラウザ版ですがアプリ版と同様にツイートに画像を添付することも可能です。ただしアプリ版のようにトリミングやレタッチなどの編集は行なえません。

ホーム画面にショートカットを配置してアプリ風に使う方法

Screenshot_20170406-183313-horz
毎回ブラウザから開いて使用するのは面倒なので、多用したい方はショートカットをホーム画面に配置してしまいましょう。

Screenshot_20170406-183328
完了するとホーム画面にTwitter Liteのアイコンが現れました。今後はこれをタップして起動するだけです。

ショートカット版はChromeから独立する

Screenshot_20170406-183339
ショートカットを作成して、ここから起動するとChromeのUIが表示されません。URLやメニューが使用できなくなりますが、本当にアプリとして振る舞っています。

Screenshot_20170406-183918
タスクキーを押してアプリ一覧を開いてもご覧の通りです。