DSC04478
ZenWatch 3は非常に気に入って愛用していたのですが、どうも使用後に肌が荒れることがありました。調べてみると革製のベルトが原因の可能性があるとのこと。ZenWatch 3の革ベルトは質感が良くかっこいいので気に入っていたのですが、仕方ないのでラバー製のスポーツストラップを購入しました。

ZenWatch 3のベルトを交換する

DSC04483
さあベルトを交換します。購入したのはガンメタルモデルに良く合うブラウンです。他にベージュもラインナップされているので使用しているカラーに合わせて選びましょう。

DSC04485
工具不要、手で取り替えられるタイプのバネ棒を内蔵しています。ちょっと苦戦しましたが、数分で交換は完了しました。

ASUS独自規格で互換性が無い

DSC04488
初代のZenWatch、ZenWatch 2までは腕時計用のベルトがそのまま流用できるように設計されていました。私もAmazonで購入した22mm幅のNATOベルトに交換し、色を変えたりして楽しんでいました。

ZenWatch 3ではなぜか独自の形状となり市販品が使えません。ASUSが純正で出している革とラバーの2種類(計4製品)から選ぶしかないという状況です。

私のように革で荒れる場合はナイロン製は存在しないのでラバー製一択ということになります。これはちょっと寂しい…。

安っぽさは感じないデザイン

DSC04491
ラバーベルトに交換しました。シボ加工が施され、遠目から見たらラバー製には見えません。これはこれでアリじゃないかなと思います。

DSC04493
ラバー製なので最初から柔らかく柔軟性があります。フィット感は上々。

DSC04498
うん、良いじゃないですか。ZenWatch 3はIP67相当の防水・防塵性能を有しています。革ベルトで水に浸けるのは気が引けますが、これなら気兼ねなく水を触れそうです。

ZenWatch 3用スポーツストラップ ブラウン:ASUS Shop

ZenWatch 3用スポーツストラップ ベージュ:ASUS Shop

スポーツストラップのASUS Shopでの販売価格は税込み3219円です。ガンメタルボディにはブラウンが。シルバーとローズゴールドにはベージュが良く合います。

記事執筆現在、AmazonにてZenWatch 3と革ベルトがセットになったモデルが税込みで3万2000円を切っています。3ボタン搭載で操作性も良くなった最新世代のAndroid Wearをぜひ使ってみてください。