DSC00974
ZenFone 3 Ultraが日本国内でもAndroid 7.0へアップデートされました。今後は他のZenFone 3シリーズも続々とアップデートされていくことでしょう。

Android 7.0で追加された「マルチウィンドウ」は大画面のZenFone 3 Ultraと非常に相性の良い機能です。しかしすでに存在しているスクリーンショット撮影機能と競合するため、利用するには設定が必要です。

マルチウィンドウ機能を有効にする方法

Screenshot_20170418-191401-horz
ホーム画面からスタートします。通知バーを下にスワイプし、設定アイコンをタップします。

Screenshot_20170418-193842-horz
「ASUSカスタマイズ設定」の中のマルチタスクボタンという項目から「ボタンの長押しで、マルチウィンドウ機能を有効にする」を選びます。これで完了です。

Screenshot_20170418-194808
タスクキーを長押しすると表示されていたアプリは上半分になり、下半分にはアプリ一覧が表示されます。ここで下半分に表示したいアプリを選ぶか、ホームボタンを押してホーム画面からアプリを起動させることが可能です。

クイック設定ツールから起動する

通知領域に配置できるZenUI独自機能の「クイック設定ツール」にマルチウィンドウボタンが追加されています。設定から有効化することでタスクキーの割り当てを変更せずともマルチウィンドウが利用できます。

Screenshot_20170418-223857-horz
ホーム画面で通知バーを下ろし、設定アイコンの隣のアイコンをタップします。

Screenshot_20170418-223910-horz
クイック設定ツールに表示する機能を自由に選べます。ここからマルチウィンドウボタンを選択し、一覧にドラッグアンドドロップします。

Screenshot_20170418-223932
以上で操作は完了です。マルチウィンドウを使いたい場合には通知バーを下ろしてクイック設定ツールから起動させられるようになりました。各トグルスイッチの配置や並べ替えは先ほどの設定画面から行えるので使いやすいようにカスタマイズすると良いでしょう。

クイック設定ツールからマルチウィンドウ機能を利用するようにしておけば、タスクキー長押しによるスクリーンショット撮影を生かせます。これ、今まで結構便利に使っていたのでマルチウィンドウとどっちを取るか迷っていた方も多いのではないでしょうか。

Screenshot_20170418-195106
分割している仕切りは上下にある程度移動できます。例えば上半分でYouTubeを表示、動画の表示幅に合わせて詰めることで下半分を大きく使うなんてことも可能です。

Screenshot_20170418-195106
こうした場合の画面サイズ(定規で実測)は約3.7インチと約5インチになりました。画面を分割しても実用度の高いサイズを維持しています。

2つのアプリを同時に動作させるため、快適に利用するためにはある程度性能の高い端末が必要となります。Snapdragon 652に4GBのRAMを搭載するZenFone 3 Ultraでは滑らかに動作することを確認しました。