Screenshot_20170515-223206-horz0
ZenFone 3にAndroid 7.0 Nougatアップデートが配信されました。ZenFone 3 ZE520KLとZE552KLはこのアップデートでマルチウィンドウ機能が使えるようになります。

この2機種の場合、標準サイズ(DPI)の問題か初期状態ではマルチウィンドウ使用時に画面サイズ・画面分割比率の変更ができません。しかし設定を変更することで可能になるため、その設定方法を紹介します。

マルチウィンドウ機能の画面分割比率変更を可能にする方法

Screenshot_20170515-223206
ZenFone 3をAndroid 7.0にアップデートしたばかりの状態ではマルチウィンドウを使用した際に画面分割の比率(真ん中のバーを上下に動かすこと)を変更できません。

関連記事:Android 7.0 NougatにアップデートしたZenFone 3シリーズでマルチウィンドウを利用する方法

マルチウィンドウ機能の使い方に関しては上記リンクを参考にしてください。ZenFone 3でも基本的な使い方は変わりません。

ZenFone 3の表示サイズ(DPI)を変更する方法

Screenshot_20170515-223601-horz
「設定」「ディスプレイ」「表示サイズ」と進み、表示サイズを「小」に変更してください。これで解決します。

Screenshot_20170515-223333
表示サイズを「小」に変更した後に試してみると、この通り上手くいきました。

ホーム画面のアプリの並びを元に戻す方法

Screenshot_20170515-223343
表示サイズを小さくするとホーム画面のアプリの並びが随分と様変わりしてしまいます。これはホーム画面上でのアプリ配置数が変更されたからで、表示サイズを小にすると5x5個のアプリが並べられるようになります。

ホーム画面に並べられるアプリの数はZenUI Launcherの標準機能で変更可能です。ここから再度設定することで元のレイアウトにも戻せます。

Screenshot_20170515-223343-horz
「ユーザー設定」「ホーム画面」「グリッドサイズ」と進み、「4 x 4」を選んでください。これで元通りです。

Screenshot_20170515-223601-horz0
ホーム画面を見比べてみましょう。表示サイズを小さくしたことでアイコンやウィジェットが若干小さくなっていますが、レイアウト自体は再現できました。

グリッドサイズの変更は使いこなすことで自分好みのアプリ配列が可能です。グリッドサイズを5 x 5のまま使用し、ホーム画面にいつも使うアプリをずらりと並べれば使い勝手が向上するかもしれません。そういったカスタマイズを最初から利用できるのがZenUI Launcherの魅力のひとつです。

今回の記事では5.5インチ版のZenFone 3 ZE552KLを使用しましたが、5.2インチ版(ZE520KL)でも同様です。また、Ultraなどの他のZenFone 3シリーズでも設定や操作方法は同じなので参考にしてください。

5.2インチで男女問わず扱いやすいサイズ感が魅力のZenFone 3(ZE520KL)です。

こちらは5.5インチ版。デザインは同じですがRAMとストレージが増量されています。ヘビーユーザーならこちらを選びましょう。