DSC05509
ZenFone Zoom Sを片手に名古屋に遊びに行ってきました。広角と望遠2つのカメラを使っていろんな写真を撮ってきたので紹介します。

カメラ性能のおさらい

2017-03-07_21h33_49
先に2つのカメラのざっくりとしたスペックを紹介します。望遠カメラに目が行きがちですが、広角カメラはF1.7に加え光学手ブレ補正を備えている点にも注目です。

関連記事:ZenFone Zoom S ZE553KLのカメラ機能の特性を知る

マニュアル撮影モードでRAWでの保存が可能!

ZenFone Zoom Sはマニュアル撮影モードを使用した際にRAWデータの保存が可能です。現像ソフトを用いることで無劣化での調整が可能で、見たままを再現したり作品らしい画にしたりと自由度が格段に向上します。

今回紹介する写真はRAWデータをAndroidアプリ版の「Adobe Photoshop Lightroom」で現像しました。撮影後すぐにその場で現像が可能という手軽さは非常に魅力的でした。今まではコンデジやミラーレス一眼で撮影後、帰宅してから現像してましたので。

写真は掲載にあたって横2000pxにリサイズしてあります。

植物

LRM_EXPORT_20170624_093544
庭に咲いていたアジサイです。葉脈や葉っぱに付いた蜘蛛の糸まで細かく描写されています。

LRM_EXPORT_20170624_094132
木の下から見上げるシーンはオートモードではなかなか撮りにくいのですが、ZenFone Zoom Sではピントを合わせた後に露出調整ができるようになっています。RAW現像の際には露出はほとんど弄っていません。ホワイトバランスも同様です。

食べ物

LRM_EXPORT_20170624_115828
ショーケースに並んだケーキを撮影。明るさと彩度を調整して自分で見た印象に近づけました。

LRM_EXPORT_20170624_131154
お昼に食べた冷やしラーメン。RAW現像してみましたがJPG撮って出しでも十分だなという印象。というか、私の現像技術がまだまだ未熟なのです。

LRM_EXPORT_20170624_163503
コメダ珈琲の期間限定メニュー、キャラノワール。カロリーの暴力といったところ。

LRM_EXPORT_20170624_163235
きな粉を使ったロールケーキ、きなこ日和。上にかかっているきな粉、見えますかね。

構造物

LRM_EXPORT_20170624_120301
駅のホームで撮影。鉄骨なんかの無機物的な色合いの中にある黄色い看板が印象的でした。

LRM_EXPORT_20170624_120521
線路やホーム、架線が一直線に並んでるの良いですよね。

夜景

LRM_EXPORT_20170624_222602
夜になって雨が降ってきましたが、なんとか夜景も撮影できました。

LRM_EXPORT_20170624_224728
広角カメラ側の光学手ブレ補正がよく効くので撮影しやすかったです。

LRM_EXPORT_20170624_225232
もう少し降った後なら路面の濡れた感じも出したりしたかったのですが…。

その他

LRM_EXPORT_20170624_155319
ショーケースに並んだ腕時計の色鮮やかさや透明感が上手く出せたかなと個人的に気に入っている1枚です。

LRM_EXPORT_20170624_190018
店内の照明の当たり方とあいまってちょっと違った雰囲気になったんじゃないでしょうか。

LRM_EXPORT_20170624_202520
広角カメラでこれくらい寄って撮影すると、さすがF1.7なだけあって背景ボケが結構出ます。単焦点モードも楽しいですが気軽にボケ味のある写真が撮れるのは嬉しいですね。

AFの速さとホワイトバランス調整が好印象

広角カメラを使った際の合焦速度はこれまでのZenFoneシリーズ以上だと感じました。デュアルピクセルAFが効いているのでしょうか。

ホワイトバランスに関してもなかなか優秀で、現像時に調整することはほとんどありませんでした。RAW現像せずJPG撮って出しの場合でも露出調整だけ気にすれば概ね良い感じの写真が撮れるかなといった印象です。

撮影・現像・アップロードを1台で完結するAndroid搭載コンデジ

1日持ち歩いて使った印象はこんな感じです。ソニーのコンデジ「RX100M3」を所有していますが、ポケットから取り出して撮影するまでの手軽さは同じくらい。こちらはそのままカメラの中でLightroomを使って現像し、SNSに投稿までできちゃいます。

  1. デジカメで撮影する
  2. PCに取り込む
  3. Lightroomで現像する
  4. SNSにアップロードする

RX100M3やα6000で撮影した場合は以上の手順を踏みます。デジカメで撮影した後、PCにUSB接続し、PCで操作も必要でした。

  1. ZenFone Zoom Sで撮影する
  2. Lightroomで現像する
  3. SNSにアップロードする

ZenFone Zoom Sで撮影した場合PCに取り込む手間が省け、現像やアップロードまでのすべての作業を端末内で行えます。これがとにかく手軽で快適でした。

個人的にかなり気に入りました。撮影から現像まで行えるとても楽しいスマートフォンです。不満が無いわけではありませんが、それを補えるだけの魅力を感じました。

ASUS Shopで購入すると「Bumper Case」とミニ三脚「ZenTripod」がもらえる!

直販サイトのASUS ShopでZenFone Zoom Sを購入すると純正品のBumper CaseとZenTripodがもらえます。セットで3000円分のアクセサリーですからなかなかにお得です。

関連記事:ZenFone Zoom S用純正ケース「Bumper Case」レビュー

関連記事:ZenFone Zoom Sと組み合わせて使いたいミニ三脚「ZenTripod」レビュー

ZenFone Zoom S ZE553KL ネイビーブラック:ASUS Shop

ZenFone Zoom S ZE553KL シルバー:ASUS Shop