2017-11-07_21h32_43
ASUSはeSIMを搭載し4G LTEによるモバイルネットワークに対応したWindows 10 2in1タブレット「Transformer Mini T103HAF」を販売します。キックスタンドにデジタイザなど、注目点が盛りだくさんな1台です。

Transformer Mini T103HAFの主なスペック

  • OS:Windows 10 Home / Pro
  • CPU:Intel Cherry Trail クアッドコア
  • ディスプレイ:10.1インチ(1280x800)
  • RAM:4GB
  • 内部ストレージ:最大128GB eMMC
  • インカメラ:HDカメラ
  • バッテリー駆動時間:12時間(動画再生)
  • サイズ:261x172x10mm
  • 重さ:620g
  • その他:eSIM、Windows Ink

基本的スペックは以上の通りです。国内でも発売されているTransBook T102HAの後継モデルという位置づけです。

TransformerとTransBook

グローバルと国内では名称に違いがあり、グローバルでは「Transformer」で、国内は「TransBook」と命名されます。販売地域によって細かい仕様の差はありますが、名前による差別化はありません。

170°まで倒れるキックスタンド

2017-11-07_21h43_58
キックスタンド搭載で最大170°まで倒せます。後述するデジタイザの存在がこのキックスタンドを際立たせます。

eSIMを搭載、4G LTEをサポート

b6c71d17-c49a-4d82-9e99-401c67770b2e
一番の注目点といってもいいでしょう。T103HAFにはeSIMが搭載されています。現在流通しているICチップ型のSIMカードと異なり、製品内部に組み込まれた状態で販売されます。外部から操作することでキャリアを切り替えることが可能で、今までのようにSIMカードの差し替えが不要になります。

国内外で利用できれば海外渡航時に現地のショップに直接行って契約する必要もなくなり、ネット環境さえあればすぐさま契約して現地キャリアの通信サービスが受けられる…といった未来が来つつあります。

リンク:What is eSIM? | Official Support:ASUS Global

eSIMって「embedded-SIM」の略だったんですね。

ASUS Pen対応で1024段階の筆圧感知

2017-11-07_21h52_58
デジタイザにも対応しています。キックスタンドで好みの角度に調整して絵を描くといったことが可能で、eSIM対応によって単体で屋外で作業することも可能になります。

フルサイズのUSB 3.1ポートを搭載

2017-11-07_21h41_47
この手の小型タブレットの割にはインターフェースが豊富です。フルサイズのUSB 3.1、microUSB、microHDMI、microSDスロットを備えます。

キーボードカバーでノートパソコン的な使い方

2017-11-07_21h45_34
専用のキーボードカバーを接続すればキックスタンドと組み合わせてノートパソコンに近い作業も行えます。

注目の日本発売は?

従来モデルが国内発売していることから、このモデルも当然投入されそうです。しかしながらeSIM搭載となると通信事業者も関係してくるでしょうし、SIMフリーで発売するとしたら国内大手キャリアやMVNOと契約できるかも気になります。もしかするとeSIMを省いたWi-Fiモデルが発売されることになるかもしれません。

ASUS Transformer Mini T103HAF | 2-in-1 PCs:ASUS Global