DSC06215
皆さんが使用しているスマートフォンのRAM容量はいくらでしょうか。Androidの進化、ハイスペック化に伴いRAMの容量も日に日に大きくなってきました。2万円台の低価格帯でも3GB以上が定番。中・上位モデルでは4GBはあって当然という時代です。

そんな中、まだまだ数は少ないものの6GB以上の大容量RAMを搭載したスマートフォンも登場してきています。大容量RAMを搭載するメリットとおすすめの製品を紹介します。

ASUSは大容量RAM搭載スマホの先駆者

ZenFone 3 Deluxe ZS570KL
ASUS JAPANは6GB RAMを搭載したスマートフォンを国内で初めて発売したメーカーです。ZenFone 3 Deluxe ZS570KLは2016年発売ですから結構前の話になります。

2017-04-15_06h55_19
さらに大容量の8GB RAMは国内では現在ZenFone AR ZS571KLのみとなっています。ここまで来るとオーバースペックな感じも否めませんが、唯一無二のハイスペックモデルとして2017年の発売以来トップに君臨し続けています。

日本で発売されている6GB以上のRAMを搭載したスマートフォン

  • ZenFone 3 Deluxe ZS570KL:6GB/256GB
  • ZenFone AR ZS571KL:8GB/128GB
  • ZenFone AR ZS571KL:6GB/64GBGB
  • ZenFone 4 ZE554KL:6GB/64GB
  • ZenFone 4 Pro ZS551KL:6GB/128GB
  • Galaxy Note 8:6GB/64GB
  • Mate 10 Pro:6GB/128GB

国内市場に投入された6GB以上のRAMを搭載したスマートフォンのリストです。7機種ある内の5機種がASUS製のZenFoneシリーズとなります。

大容量RAMを活用し快適にするための機能「OptiFlex」

Screenshot_20171003-091355
RAMが4GBより多いZenFoneにはOptiFlexという機能が搭載されています。RAM容量の余裕のある部分を特定のアプリへ優先的に割り振って動作を向上させるための機能です。

アプリの起動や読み込みにかかる時間の短縮化を図り、結果的にスマートフォンのサクサク感向上に貢献します。対象のアプリ10個は使い方にあわせた自動選択と、自分で選ぶ手動選択で決めることが可能です。

6GB RAMを搭載したおすすめのZenFone

一度使うと戻れない、大容量RAMの世界に足を踏み入れる最初の1台に最適なZenFoneを紹介します。

6GBモデル最廉価「ZenFone 4 ZE554KL」

ZenFone 4 ZE554KL
ZenFone 4シリーズの主力モデルZE554KLです。ミドルハイクラスでありながら6GB RAMを搭載したスマートフォンで、上で紹介したリストの中で最も定価が安い製品でもあります。

DSC06205
Snapdragon 660搭載のミドルハイクラスの位置付けですが、Kryoプロセッサーを搭載するなどSnapdragon 800番台に近いパフォーマンスを実現しています。

現在の実売価格は税込み5万4000円程度。発売当初から比べると随分価格も落ち着いてきました。

関連記事:【ZenFone 4使用レビュー】ZenFone 3をブラッシュアップして、楽しさをプラスαした1台

ZenFone 4 ZE554KL ミッドナイトブラック:ASUS Shop

ZenFone 4 ZE554KL ムーンライトホワイト:ASUS Shop