ZenFone 5 ZE620KL レビュー (6)
MWC2018でグローバル発表され、先日台湾市場向けにも発表会が開催。そのまま発売となったZenFone 5 ZE620KLを購入しました。

”Back to 5”というキャッチコピー。日本でも大ヒットしSIMフリースマホの市場開拓の一翼を担った 「ZenFone 5 A500KL」と同じネーミングで新しい時代の始まりを感じさせます。

ZenFone 5シリーズの国内正式発表!

リンクASUS JAPAN、ZenFone 5シリーズを正式発表 ZenFone 5 ZE620KLは5万2800円で5月18日発売!

ZenFone 5 ZE620KL(台湾版)の主なスペック

  • OS:Android Oreo ZenUI 5.0
  • CPU:Snapdragon 636
  • ディスプレイ:6.2インチ(2246x1080)、IPS液晶、画面占有率90%
  • RAM:4GB
  • 内部ストレージ:64GB eMCP
  • アウトカメラ1:1200万画素、IMX363、F1.8、光学手ブレ補正、RGBセンサー
  • アウトカメラ2:ワイドアングルカメラ、広角120°
  • インカメラ:800万画素
  • バッテリー容量:3300mAh
  • 重さ:155g
  • カラー:ミッドナイトブルー、メテオシルバー
  • その他:DSDV、USB-C、Wi-Fi(ac)対応

まずはスペック紹介です。台湾版は4GB/64GB構成のミドルハイクラススマートフォンです。広角+超広角のデュアルレンズカメラなど、基本性能は前モデルのZenFone 4 ZE554KLに似通っていて、それほど大きく進化した部分は見当たりません。

ZenFone 5 ZE620KL開封と同梱品

ZenFone 5 ZE620KL レビュー (5)
開封しましょう。スマートフォンのシルエットを組み合わせてハート型にしているところは従来と同じです。このデザイン上手く作りましたよね。他社にはない個性の1つだと思っています。

ZenFone 5シリーズということでシルエットから”5”が強調されています。

ZenFone 5 ZE620KL レビュー (4)
付属品はいつも通りです。透明なTPUケースが付属するというのも定番化して嬉しく思います。

ZenFone 5 ZE620KLの外観

ZenFone 5 ZE620KL レビュー (3)
ZenFone 5 ZE620KLへの世代交代で大きく変わった部分の1つがデザインです。ディスプレイはより縦長になり、ノッチを設けることで画面占有率を90%にまで向上させています。詳細は後述。

ZenFone 5 ZE620KL レビュー (1)
背面です。ZenFoneの象徴とも言えるスピン加工デザインが映えます。iPhone Xを意識したのか、それとも内部部品のレイアウトの関係なのか、カメラが縦に並ぶようになりました。

オンスクリーンナビゲーションキーを採用し、狭額縁化したことに合わせて指紋センサーは背面に移動しました。

ZenFone 5 ZE620KL レビュー (2)
カメラに注目。LEDのところをよく見ると、縦に分割されています。これがLEDとRGBセンサーです。

ZenFone 5 ZE620KL レビュー (8)
側面上下。下部にはUSB-Cとイヤホンジャックを搭載。

ZenFone 5 ZE620KL レビュー (7)
側面左右。

ZenFone 5Q ZC600KL、ZenFone 4 ZE554KLと比較

ZenFone 5 ZE620KL レビュー (6)
先代フラグシップモデルのZenFone 4 ZE554KLと、ZenFone 5シリーズの廉価機であるZenFone 5Q ZC600KLと並べて撮影してみました。

ZenFone 4 ZE554KLとサイズ感はほとんど変わってませんが画面の大きさが一目瞭然です。こうやって見比べるとアスペクト比16:9のディスプレイが古ぼけて見えてしまいます。

ZenFone 5Q ZC600KLは縦長ディスプレイという点は共通ですがアスペクト比が違ったり、ノッチの有無や狭額縁の差などで別物という印象。

ZenFone 5 ZE620KLのベンチマークテスト結果

  • Antutuベンチマークテスト(ver.7):125589
  • Geekbench(シングルコア):1342
  • Geekbench(マルチコア):4659

実機でのベンチマークテストを実施しました。まずはAIブーストをオフにしてSnapdragon 636の実力を試します。

AIブーストでスコアが大きく向上!

  • Antutuベンチマークテスト(ver.7)AIブースト140317
  • Geekbench(シングルコア)AIブースト1512
  • Geekbench(マルチコア)AIブースト4817

新機能の1つ「AIブースト」をオンにして再度実施。パフォーマンスは10%以上向上しました。性能を重視する方注目の機能と言えます。

AIブーストは電池持ちに影響あり

AIブーストをオンにするとパフォーマンスが向上します。おそらく高付加を検知してオーバークロック(もしくはクロックを落とさない)ような振る舞いをしているのだと思います。

どちらにしても電池持ちに影響があるので適宜使い分けると良さそうですね。

AIカメラ搭載!ZenFone 5 ZE620KLで撮影した写真(準備中)

ZenFone 5 ZE620KLで大きく進化した部分の1つがカメラです。”AIカメラ”と謳うだけあり被写体を認識して最適な画質調整を行うという謳い文句です。

ZenFone 5 ZE620KL カメラテスト (3)
今朝まで雨が降っていてあいにくの曇天という悪条件ですが、今までのZenFoneシリーズとは違う描写を見せてくれます。

ZenFone 5 ZE620KL カメラテスト (6)
AIで花を認識しました。後ろが大きく影になっているシーンでしたがHDRによる補正もしっかり効いています。

ZenFone 5 ZE620KL カメラテスト (1)
花を認識すると色鮮やかに美しく見せるよう調整しているようです。

ZenFone 5 ZE620KL カメラテスト (4)
こちらも花を認識。

ZenFone 5 ZE620KL カメラテスト (5)
同じ構図でワイドアングルカメラを使用しました。こちらでもAIは効くようで、しっかり花と認識。

AIで猫と犬を区別できる!?

ZenFone 5 ZE620KL AIで猫を認識
ZenFone 5 ZE620KLのAIシーン認識は犬と猫それぞれに対応しているとのことで、どうやって判別しているのでしょうか…。ちなみに猫を被写体にしたところ、しっかり猫と認識しています。

ZenFone 5 ZE620KL カメラテスト (2)
AIが猫と認識。

ZenFone 5 ZE620KL カメラテスト (8)
たまに犬と誤認することもありますが、9割方きちんと猫と認識しました。

ZenFone 5 ZE620KL カメラテスト (9)
猫ばっかり撮影。

奥行き検知型のポートレートモードを搭載

ZenFone 5 ZE620KL カメラテスト (7)
ZenFone 4 ZE554KLでは人物の顔を認識して背景をぼかすポートレートモードでしたが、ZenFone 5 ZE620KLでは2つのカメラで奥行きを検知します。そのため幅広いシーンでの使用が可能となりました。

被写界深度はF0.95-F22まで調整可能です。開放のF0.95にするとボケがわざとらしく感じますのでF2.8やF4.0くらいがちょうどいいのかなと思います。上の写真はF2.8です。

国内向けZenFone 5 ZE620KL発表!

ZenFone 5 シリーズ
ASUS JAPANはZenFone 5シリーズを国内向けに正式発表しました。ZenFone 5 ZE620KLは台湾版よりも高性能な6GB/64GB構成で5万2800円という価格設定です。

国内向けにチューニングされている点が海外モデルとの大きな差で、国内3キャリアのVoLTEに対応DSDVにも対応し、KDDI(au VoLTE)の2枚同時待ち受けも行えます。

ZenFone 5 ZE620KL シャイニーブラック:ASUS Shop

ZenFone 5 ZE620KL スペースシルバー:ASUS Shop

【町のお店】で購入

今回購入したZenFone 5ZE620KLは台湾向けのスマートフォンを取り扱う通販サイト【町のお店】を利用しました。

【町のお店】

GearBestにてクーポン配布中

ZenFone 5 ZE620KL(4GB/64GB)のグローバル版がGearBestにて販売中です。クーポンコード「ZENFONE5JP」適用で409.99ドルとなります。

ZenFone 5 ZE620KL:GearBest

関連記事台湾にてZenFone 5 ZE620KLを正式発表 4GB/64GBモデルで販売価格は約4.4万円