DSC_0493
午前中はあいにくの雨でしたが、お昼頃から晴れ間も見えてきました。到着したばかりのZenFone 5 ZE620KLを持って名古屋にカメラテストへ行ってきましたので写真を紹介します。

比較対象としてZenFone 4 ZE554KLも持参。同じ構図で撮影した場合は並べて掲載しますので見比べてみてください。

撮影条件

特別な記載が無い限りオートモード(HDR Auto)での撮影です。写真自体に補正などの編集は行っていませんが、掲載にあたってわかりやすくするためのテキストの追加やリサイズを行っています。

写真は左側がZenFone 5 ZE620KL。右側がZenFone 4 ZE554KLです。

街並みと空を撮影

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (7)
曇り空の中に太陽が居る状態でした。AIによる被写体認識の無い撮影でしたが、ZenFone 5 ZE620KLは暖色寄りの画作りであることがわかります。

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (8)
こちらもAIシーン認識は反応せず。それでも空の色の鮮やかさ、影部分の描写の良さを感じます。

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (13)
やはり全体的に彩度が高めに設定されてるようです。また写真右上の明るい部分の白飛びも抑えられています。

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (12)
お気に入りの消化器。ずいぶんと色味が異なります。ここは上に緑色の透明な屋根があり、そこからの光が差し込んでいるのです。両者ともRGBセンサーを搭載していますが、ZenFone 5 ZE620KLの方が再現度の高い写真となりました。

ワイドアングルカメラで撮影

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (15)
ワイドアングルカメラでの撮影です。こちらも差がはっきりと出ました。おそらくハードウェアの性能はほとんど同じだと思うのですが、ZenFone 5 ZE620KLは彩度を高めにすることでパッと見た際に綺麗に見せています。

植物と花を撮影

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (14)
AIカメラ「植物モード」がオンの状態です。その差は一目瞭然。緑の発色と影の部分の持ち上げ方に注目。

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (10)
緑が綺麗で影になっている舗装路も明るく写っています。

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較
AIカメラ「花モード」で撮影。違いがはっきりわかりますね。

強力なHDR撮影

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (11)
これもまた差が顕著に出ました。同じ撮影方法でここまで差が出るとは思いませんでした。

夜景と暗所での撮影

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (5)
19時頃の名古屋駅前の様子です。AIによる認識は無し。両者かなり似通った写真になりました。

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (4)
こちらはビックカメラ名古屋駅西店。夜になると看板が眩しくHDRの効き具合を確認するのにちょうどいいのです。ZenFone 5 ZE620KLは看板の文字がはっきり読めます。

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (3)
AIカメラには「ナイトビュー」というモードがあるのですが、どうやらこれはローライトモードのようです。それがオンになった状態で撮影。暗い部分の描写は大きく変わりませんが、看板や自販機の明るい部分に差が出ています。

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (2)
AIカメラ「ナイトビュー」オン。自動車のボディの色の鮮やかさに差が出ました。

食べ物・料理を撮影

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (6)
AIカメラ「料理モード」オン。もともと暖色寄りの照明があったのでそれほど大きく変わりませんでしたが、ケーキの上のゼリー部分の透明感や鮮やかさが違います。

ZenFone 5で撮影した料理 (3)
AIカメラ「料理モード」オン。マグロのたたきです。自宅の蛍光灯下で撮影しています。

ZenFone 5で撮影した料理 (1)
AIカメラ「料理モード」オン。同じく蛍光灯下での撮影。

ZenFone 5で撮影した料理 (2)
AIカメラ「料理モード」オン。蛍光灯下での撮影。

何にでも使えるポートレートモード

ZenFone 5 ポートレートモード
ZenFone 5 ZE620KLのポートレートモードは背面の2つのカメラを使って奥行きを検知し、背景ボケを演出します。F値をスライダーで調整することで効果に強弱を付けられます。

F0.95では少々わざとらしいように感じるので、個人的にはF2.8やF4.0くらいがちょうどいいかなと。

結構使えるデジタルズーム

ZenFone 5 デジタルズーム
広角+超広角のデュアルレンズカメラですから望遠カメラは備えていません。ある程度まではデジタルズームで対応できます。

プリインストールされているカメラの最大望遠は4倍。メインカメラは換算24mmなのでデジタル4倍で換算96mmまで対応できる計算です。実際のところ、画質を重視するならデジタル2倍ズーム(換算48mm)程度までで抑えたほうが良いと思います。

ワイドアングルカメラの12mm。メインカメラの24mmにデジタルズームの48mmと3つの画角で使い分けるというのは割と使い勝手良いんじゃないでしょうか。

暖色よりのチューニングとよく効くHDR

ZenFone 5とZenFone 4 カメラ比較 (9)
AIカメラによるシーン認識が無い場合の特徴としては、従来よりも暖色に寄ること。また、彩度は高めで今までのZenFoneのように「あっさり風味」ではなくちょっと「こってり」に感じます。

Instagramを始めとするSNSでの投稿に映える画作りを意識したような、綺麗に見えることを重視したカメラに仕上がっていると感じました。ZenFoneシリーズとして大きく進化を遂げたカメラと言えます。

関連記事AI搭載!?原点回帰のネーミング「ZenFone 5 ZE620KL」国内最速購入レビュー

【町のお店】で購入

今回購入したZenFone 5ZE620KLは台湾向けのスマートフォンを取り扱う通販サイト【町のお店】を利用しました。

関連記事台湾にてZenFone 5 ZE620KLを正式発表 4GB/64GBモデルで販売価格は約4.4万円