smartphone_battery_off
災害などで停電した際、基地局等の通信設備が生きていればスマートフォンは重要な情報を得るためのツールとなります。充電が満足に行えない状況となる場合もあり、そういったシーンで活用できる省電力設定方法を紹介します。

ZenFoneシリーズの省電力設定方法

ZenFone 省電力設定 (1)
設定項目へ進むには本体設定から行く方法と、アプリアイコンをタップする方法などがあります。

ZenFone 省電力設定 (2)
アプリ一覧から「モバイルマネージャー」を選択しても同様の操作が可能です。

ZenFone 省電力設定 (2)
バッテリーモードを選択するとZenFoneのディスプレイ輝度・CPUの動作速度・通信などを制御してパフォーマンスや性能をコントロールできます

電池持ちを重視するならおすすめは「省電力」

ZenFone 省電力設定 (1)
災害時などで充電が頻繁に行えない場合は「省電力」に設定しましょう。最も省電力モードの「スーパー節約」を選択するとデータ通信機能がオフ(電話とSMSは利用可)になるため最終手段と言えます。

モバイルバッテリーは1つあると安心

ZenPower Pro PD
ヘビーユーザー向けの製品と思われがちなモバイルバッテリーはこういうシーンでも役に立ちます。大容量モデルを1台持っておくと安心です。

ZenPower Pro PD 3.0は13600mAhの大容量バッテリーを搭載しています。ZenFone 5 ZE620KLなら約3回フル充電可能です。またUSB Power Delivery 3.0に対応し最大45Wの出力が可能。USB-Cで充電できるノートパソコンやタブレットでも利用できます。

ZenPower Pro PD 3.0:ASUS Shop

関連記事地震や災害などの緊急時に備えて ZenFone 5の「ZenUIセーフガード SOS機能」を設定する方法

関連記事ZenFone シリーズで緊急地震速報(ETWS)を設定する方法