ZenFone Max Pro M1 100万台達成
2018年4月にインドで発表されたZenFone Max Pro M1が発売から6ヶ月を待たずして100万台の販売を達成したと発表されました。

強力な中国メーカーがひしめき合い、価格競争が激化している中でZenFone Max Pro M1は成功を収めたと見て良いでしょう。

ZenFone Max Pro M1 ZB602KL (2)
ZenFone Max Pro M1は6インチの縦長フルHD+ディスプレイにSnapdragon 636、5000mAhの大容量バッテリーを搭載したミドルハイクラスのスマートフォンです。RAMやストレージはバリエーションがありますが、最も安価なモデルはインドで2万円以下の価格設定とコストパフォーマンスの高さを謳っています。

ゲーミングスマートフォンとしての一面もあり、性能を最大限に活かすためにピュアAndroidを搭載していることも特徴と言えます。

ZenFone Max Pro M1 ZB602KL (11)
背面のデュアルレンズカメラの構成も独特で、今までのZenFoneにはなかったボケ演出用のサブカメラを備えています。

ZenFone Max Pro M1 ポートレートモード (1)
サブカメラを組み合わせて奥行きを検知。被写体を強調させる効果を持たせられます。

グローバルで展開を開始

競争が激化しているインド市場に向けた戦略モデルという位置付けでしたが、グローバル市場への展開も始まっています。台湾でも発売されているので日本市場への投入にも期待できます。

ZenFone Max M1も日本で発売されましたし、そう遠くないうちに発表があるかもしれません。

関連記事圧倒的な電池持ち!ZenFone Max Pro M1 ZB602KLの1日使用レビュー

Gadgets360