ZenFone 6 ZS630KL レビュー (5)
スマートフォンの画面占有率を向上させるためにはノッチの排除が欠かせません。インカメラをポップアップさせたり、本体がスライドしたりと各社が創意工夫を凝らしている中、ASUSはアウトカメラがフリップしてインカメラを兼ねる構造を実装しました。苦戦が続くスマートフォン事業の立て直しを図る重要な戦略モデル「ZenFone 6 ZS630KL」のファーストインプレッションをお届けします。

ZenFone 6 ZS630KLの主なスペック

  • OS:Android 9 Pie with ZenUI 6
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 855
  • ディスプレイ:6.4インチ(2340×1080)IPS液晶、ゴリラガラス6、画面占有率92%
  • RAM:6GB / 8GB LPDDR4X
  • 内部ストレージ:64GB / 128GB / 256GB UFS 2.1
  • フリップカメラ(イン・アウト兼用)1:4800万画素、F1.79、IMX586、レーザーAF
  • フリップカメラ(イン・アウト兼用)2:1300万画素、F2.4、125°ワイドアングル
  • バッテリー容量:5000mAh
  • サイズ:159.1×75.44×9.1mm
  • 重さ:190g
  • 充電:9V2A(18W)、Quick Charge 4.0
  • SIM:デュアルSIM(microSD同時使用可能)
  • その他:背面指紋センサー、イヤホンジャック、トリプルスロット、スマートキー、ステレオスピーカー、NFC、顔認証

ZenFone 6のRAM・ストレージ構成は販売地域によってバリエーションがあります。今回購入したものは台湾版の6GB/128GBモデルです。

パッケージ開封と付属品

ZenFone 6 ZS630KL レビュー (9)
ZenFone 6のパッケージはこちら。台湾版ではシュリンクが施されていますが、国内版が出るとすればシュリンクの代わりにラベルが貼られることになるかと思います。

ZenFone 6 ZS630KL レビュー (7)
付属品は以上の通りです。いつも通りの内容となっています。

付属の純正ケースは硬質プラスチック製

ZenFone 6 ZS630KL レビュー (6)
ZenFoneシリーズに付属する純正ケースといえば少し柔らかいTPU製が定番でした。ZenFone 6ではカメラの部分を大きく切り欠いている構造のせいか、硬質プラスチック製の硬いケースが付属しています。

ZenFone 6 ZS630KLの外観

ZenFone 6 ZS630KL レビュー (4)
ZenFone 6では背面のエッジ部分に丸みをもたせた、いわゆるかまぼこ型のデザインになりました。5000mAhの大容量バッテリーを搭載した代償として重量アップになってしまいましたが、持ちやすさの向上とカタログスペック以上に薄く感じるような作りになっています。

ZenFone 6 ZS630KL レビュー (3)
ボタン類は従来と同様に右側面に集約されています。ZenFone 6では電源ボタン・音量ボタンの他に新たにスマートキーを搭載しました

ZenFone 6 ZS630KLのスマートキーはカスタマイズ可能

ZenFone 6 スマートキー
スマートキーはデフォルトではGoogleアシスタントを起動させるためのボタンになっていますが、1回押し、2回押し、長押しとそれぞれカスタマイズが可能です。

ZenFone 6 ZS630KL レビュー (11)
底部はこちら。USB-Cポートは18Wの急速充電に対応しています。ハイエンドモデルでは非搭載となることが増えてきたイヤホンジャックもしっかり備えています。

ZenFone 6 ZS630KLとZenFone 5 ZE620KL(ZenFone 5Z ZS620KL)を比較

ZenFone 6 ZS630KL レビュー (2)
先代フラグシップモデルと外観の比較です。ZenFone 6になってディスプレイはより大型化されましたが、横幅は若干狭くなりました。

ZenFone 6 ZS630KLのデフォルトホーム画面

Screenshot_20190707-113950668-horz
ZenFone 6の初回起動直後のホーム画面です。ZenFoneシリーズが長らく採用してきているUIの最新版「ZenUI 6」はピュアAndroidに近づきました。

ZenFone 6 ZS630KLのプリインストールアプリ

ZenFone 6 プリインストールアプリ
プリインストールアプリは28個でした。国内版はここにATOK for ASUSなど一部が加わることになるでしょう。それにしてもずいぶんとスッキリしています。

ZenFone 6 設定画面
設定画面の一覧をZenFone 6の機能「ロングスクリーンショット」で撮影。今までドロワー内に配置されていたモバイルマネージャーなどもここに集約されました。

ZenFone 6 近接センサー
ノッチが無くなったことで近接センサーはどこに行ったのかなと疑問に思っていましたが、セットアップ時にきちんと表示されました。こんなところに隠されているのですね。

Antutuベンチマークスコアは38万点超え!

ZenFone 6 Antutuベンチマークテスト
AIブーストをオンにした状態でAntutuベンチマークテストを行った結果、386923点を叩き出しました。Snapdragon 855の高性能を実感します。

ZenFone 6 ZS630KL台湾版で技適表示を確認

ZenFone 6 台湾版 技適
ZenFone 6の台湾版において技適表示を確認しました。台湾版であっても合法的に国内利用できます。ただし国内版と海外版でVoLTEの対応などで差がある可能性がありますので、その点にご注意ください。

関連記事確かな進化を感じる「ZenFone 6 ZS630KL」カメラテスト(その1)

町のお店で購入

町のお店
今回レビューしたZenFone 6は通販サイト「町のお店」で購入しました。こちらは台湾で販売されているスマートフォンを数多く取り扱っています。

ZenFoneシリーズの取り扱いも豊富で、日本国内で発売されなかったZenFone Aresなども購入できます。

リンク【zenfoneの購入・買取】なら純正品を取り扱う【町のお店】 / ZenFone 6(ZS630KL)の購入は「町のお店」がおすすめ